最適な答えを瞬時に導き出す

最適な答えを瞬時に導き出す

たとえるとTeemといいましたスタートアップは、より効率的な会議室の利用を可能にするシステムを開発し、スタッフの勤務効率の向上を目指したりする。殊更メールやチャットなどの文字ベースのやり取りでは、どこまでが機械でどこまでが人間が応じているかがつぎつぎわかりにくくなるだろう。

出張時に30SecondstoFly社の提供するAI型バージャルパーソナルアシスタント、Claireにリクエストするそしたら最適なプランを提供してくれる。すでに15000社の有料顧客に利用されまして、かつてに10億ユーザーが同サービスを通じてサポートを受けられてる。

というのも、人工知能を活用すれば、ユーザーが投げた質問に対し、それぞれのアカウント別に状況を理解し、最適な答えを瞬時に導き出すことは可能になるからです。企業内の一般業務をこなす総務部の役割も人工知能の導入で大きく変化するでないか。

また、かつては電話やメール、チャットを交えて生身の人間が行ってきたカスタマーサポートにもAIが大きく活用され始める。チャットボットを活用したサポートシステムのサービスとしてこの上なく利用されてるものの一つにIntercomきがある。

次みたいにかつてかなりアナログ感の強かった総務系の仕事におきましても人工知能が強力にアフターしてもらう。殊にここまで主に主導で行ってきた勤怠管理、有給リクエスト、会議のセットアップ、出張リクエストなどがより効率的に行うことで時間の短縮とストレスの軽減につながる。

さらに、Accompanyは自動的におのおのの会議に対して最適な情報を表示するアプリを提供。