日本ではコミュニケーション能力が重視

日本ではコミュニケーション能力が重視

コンビニエンスストアで買い物をする。平成28年度の総務省の調査研究によりますと、将来的に人工知能(AI)が広く一般化する社会におきましては、次のような能力が重視させられることがはるかになっています。

人工知能(AI)を設計・開発してしまうような時には、企画や創造力を、アルゴリズムを設計・開発するみたいな場合には論理的思考能力が、人工知能(AI)を運用する場合には、関係各所との調整力といいました能力がおのおの必要になるという。では次みたいにデータ解析技術や人工知能の一般利用が進む中、今後私たちにはどんな能力が求められていくのだろうか。

米国では一般的に個人の専門性とタスクが一致してるのに対し、日本ではマルチタスクで業務を行うことが無数ためと思います。スマートフォンやタブレットでニュースを確認する。

別途ビッグデータと連動して、第三次人工知能(AI)ブームと呼べる昨現在では、データ分析は急速により身近なものになりつつあるのです。まさに“ビッグデータ”の時代が到来していますのです。

ここで注目やりたいのが、求める能力の優先順位が日米間で異なる点です。そにみようかな中、データマイニングやビジネスインテリジェンス(BI)など、データ分析の手段につきまして耳にする機会が増えたという人も多くなったのですないか。

私どもの毎日の何ともないシーンにおきましても、実はいろんなデータが収集されまして、ビジネスに活かされます。でも、今から読み取れるのが、日米間での情報リテラシーのギャップや、情報収集能力の格差に対しても現れていますのではないでしょうか。

IC定期券で電車に乗る。そうして、加速するIoT化によりまして、そのデータ量と種類はますます拡大中。

米国では情報収集能力や課題解決能力、論理的思考などの業務遂行能力がこの上なく重視されますが、日本ではコミュニケーション能力が重視されます。