中小企業もAIを活用する

中小企業もAIを活用する

労務・総務に関わる給与や健康管理も、同一人物にまつわる。AIの活用により、人事の仕事はむしろ機械ではフォローできませんところに特化してゆくと予測する。

データの分析は「ピープルアナリティクス」と呼ばれ、企業で働く個人の能力や経験にまつわるデータを収集し、人材開発や“適材適所”の配属を最適化するタレントマネジメントに為になった。「エスノグラフィ(行動観察)という手法を用いるなどして、社員とどっぷり向き合いコミュニケーションをとるという、泥臭いところが人事部の仕事になるのではないのか」。

育成、配置転換、研修などがその対象だ。人事データと突き合わせれば、機械の手を借りて適切に扱うことが出来るだろう。

それらを繋ぎ合わせて社員全員のデータを揃えた(クレンジングした)うえでAIに読み込ませ、一元管理・分析するそしたら、人間には考えつかない関連性を見出すことは出来る。日本企業は企業内の組織連携が柔軟ではないだろうかところが多く、人に関係するデータは人事、労務、事業部など各所に散らばっており、効率的に分析できていないだった。

まだ研究段階の企業が幾多のが、採用以外の人事領域でもAI活用は動き出したりする。人にまつわる。

こんな仕事はデータサイエンティストが専門とするが、多数の作業員を抱え人にまつわる。そうなれば、営業やマーケティングなど各部署(ライン)のマネジャーが労務管理を行うことができますようになり、人事部は経営者に組織強化や人事管理のノウハウ(現在の人事の仕事)を教え、社員のマネジメントを補佐する立場に変化する。

データが豊富にある大手だけでではなく、中小企業もAIを活用することの方が出来る。ここからの人事部は戦略的な人材育成を構想するなど、専門性を磨くことに存在意義を見出すことになるだろう。