マルチスピードITを実現する

マルチスピードITを実現する

そのキーワードは「マルチスピードIT」です。そこは思い方や基準、開発手法、アプローチなどのぜんぜん異なる2つの世界を両立させる必要があるのです。

マルチスピードITはこれらを如何にいうに再配分するのだろうか、如何に実践して過去のテクノロジーを維持しながらモダナイゼーションするのかといいました、ここからのITを考えるうえでの重要なコンセプトです。マルチスピードITを実現するように必要な次世代のアーキテクチャは3層構造となっています。

IT組織はERPやホストコンピューター、レガシー環境など既存のIT(SlowなIT)を維持していながら、スピードへの要求に応える迅速・軽量・安価なアーキテクチャを持つIT(FastなIT)を利用し、ビジネスのニーズを満たさないそしたらならない。AIはこの図式におきまして、インフラ層・プロセッシング層・デジタルアシスタントが垂直に並ぶ形に位置づけられます。

中間層はきちっととデータ連携するためのAPIやインターフェースとなるのでしょう。企業がAIを本格的に活用することは、どんな取組みが必要となるのだろうか。

最下層は「コアIT」である基幹系システムを中心とし、クラウドによる軽量なインフラやデータ活用の基盤となるデータレイクを揃えます。IT投資の約70%が既存システムの保守運用に使われている一方、新規の戦略的システムへの投資は30%程度あげられますという統計があげられます。

表面層はSalesforceに代表させられるライトなアプリケーションやマルチデバイス環境、アジャイルで効果を創出やるめのアーキテクチャで構成されているのです。近年のエンタープライズビジネスにおいて大きな関心事のひとつとして「AIの活用」が挙げられます。