ベーカリーショップに導入されてるレジ装置

ベーカリーショップに導入されてるレジ装置

購入客が複数のパンをトレーに載せて、レジ横のカメラの下に置くと、このシステムがパンを画像認識し、パンの種類を判別し価格・数量から購入金額を算出する仕掛けとなってる。来店客は、専用のモバイルアプリに顔登録を行い、店頭で食券を買い求められる前に、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」に顔を見せつけちゃっていることで、顔認証によりまして来店回数に応じたトッピングをもらうことが出来るようになる。

ツールウェア開発のブレインが開発したBakeryScan(ベーカリースキャン)は、パン屋・ベーカリーショップに導入されてるレジ装置であります。パン屋はこのシステムを導入するだけで、パンの種類を覚えていない新人の店員でもレジ作業を担当出来るようになった。

さいしょに、中堅・中小企業などでのAI活用の事例を見ていくことで、中小企業にとりましてのAI活用の意味合いを見出していきたい。たとえると、パン屋のAIです。

とは言いましても、大手でもなく、ハイテクIT企業でないとしましても、中堅・中小企業でAIを活用したりする事例も存在してる。パン屋のAI活用としましては、機械学習・画像認識きがある。

あるラーメン屋では、来店客全員の顔を覚えることを目指して、AIとロボットを活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」を導入した。人工知能、ディープラーニングなど流行してる用語を聞いても、中小企業である自社には関係ないと思われます人もいるかもです。

たしかに、メディア等で見かけるすべての紹介事例は、国内外の先端の研究分野でありましましたり、大手が資金を投入し、優れた人材を収集してやっているみようかな事例であったりすることの方が沢山。ラーメン屋でもAiの活用がさせられている。