サービスモデルへの転換

サービスモデルへの転換

GEの「航空機エンジン」におきましても、センシングからデータ解析、運航指示まで、極力人手を介さずに行われていたり、人材もハードよりツール要員が増員されてたりするなど、業界の常識を超える構想が、価値を継続させる源泉になりましていくのだ。たとえると、最近トヨタがタクシー配車サービスのUberに資本参加したが、もしこれが、「車の売り切りモデル」から、「運転のできません高齢者が、ドライバー不在でも人工知能により自在に移動出来るサービス」や、「人工知能を使って最適化した自動移動のカーシェアサービスを直接提供、あるいはカーシェアの企業に提供する」といいました、サービスモデルへの転換などが長期目標に据えられてるとすれば、そこに至る途上ではいろんな新たな価値、ビジネスモデルが生み出されまして、たぶんに付加価値の維持や転換の実現性も広がるだろう。

人工知能で勝負やるめのポイントとしてビジネス構築の飛躍的な変革が必要です。人工知能を活用した効率的な生産、人工知能が組み込まれた便利な商品の開発、のレベルは遅かれ早かれどういうな企業でも実現出来るようになった。

それを避けるためには、「如何するそしたらヒトのノウハウや手間を全く必要としない商品/サービスに仕立てていけるか」、「その場お金の儲け方は、今と如何変えるべきか」というレベルの構想を描けていることが肝要ではないと考える。初めは付加価値として認知されても、やがては差異性が無くなり価格転嫁が難しくなる恐れきがある。